青色申告とは

個人事業主(自営業者)の方で、20万円を超える事業収入がある場合は、確定申告を行う必要があります。この確定申告には「青色」申告と「白色」申告の2種類があります。
そのうちの一つ、青色申告を行うと特別控除を受けることができ、やり方次第で税金の節約になります。こちらでは、そのような青色申告について説明します。

白色申告との違い

白色申告の場合は特に届出をする必要はありませんが、一方青色申告の場合は、届出をする必要があります。新規開業の場合は、開業日が1月1日~1月16日ですとその年の3月15日までに、それ以降に開業した方は、開業から2ヶ月以内に届出を行います。既に白色申告を行っていて青色申告に切り替えようとする方は、青色申告をしようとする年の3月15日までに届出を行います。

また、記帳義務と特別控除の点でも違いがあります。個人の白色申告の方で事業や不動産貸付等を行う全ての方は、平成26年1月から記帳と帳簿書類の保存が必要です。青色申告は、10万円、65万円の特別控除がありますが、記帳の義務も生じます。その他にも白色申告との違いはありますが上記のものが代表的な違いです。

青色申告のメリット

青色申告の一番のメリットは節税できるという点です。所得金額というのは、売上げから必要経費を差し引くことによって通常は算出されますが、青色申告の場合必要経費に加えて特別控除額も差し引くことになります。その結果、所得金額が通常よりも低くなるため納税額も低くなり、節税につながります。

このページで掲載している内容については、一般的なことをお伝えしております。税に関する具体的な事柄の判断や決定にあたっては、顧問税理士、または税務署にご相談ください。

名古屋、または岐阜近郊で経理代行サービスの利用をご検討の方はぜひ当社にご依頼ください。当社の経理代行サービスは他社とは異なり、通常の経理代行サービスに加え、社長のお悩みなどを拝聴する心理面でのサポートなど、多方面からお手伝いをさせていただくサービスです。また、費用など気になる点がございましたらお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

無料相談予約お問い合わせ

記帳・経理代行サービスの内容また、その他経理に関する不安、疑問、ご相談、ご要望など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
  • いつもありがとうございます!お客様の声
  • ママにキャリアを!名古屋に元気を!代表の挨拶
  • 登録スタッフ募集 あなたのスキルを生かせるお仕事をご紹介いたします!
  • ありがとう会計facebook
  • セミナー情報
  • ビジョンクリエーション協会
  • 財務改善オンライン