経営見直しについて

会社の動きをすべて把握すべき人で、それがきちんとできている人はどのくらいいるでしょうか。経営状況を把握することは、これからの経営計画を立てるのにとても役立ちます。「経営報告書」で現状把握することが大切です。

経営の見直しのためのコスト削減

経営を見直し経営計画を立て直す際、「コスト削減」はまず手をつけるべきところです。
今までの経営報告書や従業員さんからの情報を集め、「ムダ」を見つけ、削れる部分は削り、コスト削減できる箇所を探します。コスト削減には今までの詳細なデータが役に立ちます。

社内経費
OA費・宣伝費・接待費・福利厚生費・交際費・旅費・交通費・通信費・光熱費など、細かい部分ですが見直しをしやすく、すぐに実行できる部分です。
仕入方法
品質は落とさずより安く仕入れができる購買先の見直し、支払条件の見直し、輸送方法などの見直しをします。
生産方法
作業行程や設備などを見直し効率を上げます。
現場の従業員さんのお話から、改善点が見つかる場合もよくあります。
在庫管理
在庫を抱えているのは維持費がかかってしまいますし、廃棄するにも費用がかかったり、処分した分が損失になってしまったりします。廃棄ロスを把握し対処方法を考えます。
倉庫管理費用や人件費の見直しもします。

データが大切

経営状況を数値化することで見えてくるものはたくさんあります。
コスト削減する際もデータがあることで、比較検討をすることができ、コスト削減効果も検証できます。

当社では経営報告書作成のお手伝いをいたします。科目内訳書、総勘定元帳、合計残高試算表、仕訳日記帳などの書類作成し、お客様の会社に合った経理業務マニュアルを作成します。様々な書類の書き方・見方・作り方・ソフトへのデータ入力の仕方などをコーチングし、経理面から会社経営をバックアップします。

経営計画の立て方のご相談から、決算書の見方や経営と決算書との関係が理解できるように講座を開催して、人材育成もいたします。また、経営者様や管理職・営業社員さんの悩みや希望を拝聴し、心理面もサポートいたします。経営見直しをお考えのお客様、当社へお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です