経理の基礎知識

会社を経営する上で、経理や財務は会社の現状を把握するための重要な業務になります。借入金や売掛金などの勘定科目を覚えたり、仕訳の方法を覚えたり専門的な知識が必要な業務ではありますが、基礎的な経理の知識は身につけておく必要があります。

貸借対照表とは

会社がどのようにして資金を集めたのか、どのような形で資産を保有しているのか、どれぐらいの負債があるのかを分かりやすく表にまとめたのが、貸借対照表です。表の左側に会社の資産、右側に負債と資本を記載し、右側と左側の金額がぴったり一致するという基本ルールがあります。現金や有価証券などの資産を左側へ、買掛金や借入金などの負債を右側へ記入することで、会社のお金の動きがひと目で分かります。経費削減の施策を練る際にも、貸借対照表は大変役に立ちます。また、税理士の方などは貸借対照表を見て節税対策を考えることもあります。

損益計算書とは

会社が一定期間にどれだけの利益を得たのかを表すものが損益計算書です。収益を生み出すためにどれくらいの費用がかかったのか、最終的な利益はいくらだったのかを記載します。
損益計算書では5つの段階に分けて利益を見ます。5つの段階とは、以下の通りです。

  • 売上高=業務で得た全ての収益
  • 売上総利益=売上高-売上原価(仕入れの費用など)
  • 営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費(人件費や家賃、宣伝広告費など)
  • 経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用
  • 税引前当期利益=経常利益+特別利益(突発的な利益)-特別損失(突発的な損失)

税引前当期利益に対して税金がかかり、そこから住民税や法人税を引いた金額が1年間で儲けた純利益になります。

上記で紹介した貸借対照表や損益計算書は、売上アップ・コストダウンに向けた取り組みや事業承継の際にも役立つ大切な資料であるため、正確な内容で記録しなければなりません。

当社では、貸借対照表と損益計算書の作成まで行います。また、節税対策のために顧問税理士を雇っている企業様も多いと思いますが、当社では決算時に顧問税理士が必要とする書類の作成も承っております。経理業務でお困りの際は、ぜひ当社へご相談ください。

無料相談予約お問い合わせ

記帳・経理代行サービスの内容また、その他経理に関する不安、疑問、ご相談、ご要望など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
  • いつもありがとうございます!お客様の声
  • ママにキャリアを!名古屋に元気を!代表の挨拶
  • 登録スタッフ募集 あなたのスキルを生かせるお仕事をご紹介いたします!
  • ありがとう会計facebook
  • セミナー情報
  • ビジョンクリエーション協会